見直しで変わる保険料を最小限に

税金の対策の為に

節税対策の方法について

利益の出ている企業の経営者にとって、決算が近づいてくると節税対策に取り組みたいのではないでしょうか。これまでの節税対策として、自動車や不動産の購入や、役員報酬の増額、航空機のリースなどが有ります。 しかし、自動車や不動産の購入はただの浪費であり、報酬の増額は所得税などの課税の増額であり、リースは現金化に時間がかかりますので、会社にとって将来の利益を生み出すことにはつながらないというのが現状です。 節税対策とは、税引き後の使えるお金を未来に作ることが大事であり、単なる浪費や他の課税が増えてしまっては本末転倒となってしまいます。そこで、期末の直前でも効果のある節税対策として、法人向けの生命保険を使うことが注目されるようになってきました。

生命保険を活用するメリット

会社の期末に想定以上の利益が出てしまうと、経営者にとって節税対策を考える必要があります。その対策の一つとしてメリットが大きいものは、生命保険を使用することです。 生命保険は期末直前でも導入が間にあいますので、顧問税理士や金融機関から一番よく受ける提案となります。他の節税対策では期末にすぐに対応できないですが、生命保険では臨機応変に自由に対応できます。 また生命保険には様々な商品があって、1年分の保険料の全額を損金として費用計上することが可能です。例えば大きな金額の保険料を今期中にまとめて支払うことで、今期中の利益を大きく圧縮できるのです。 生命保険の支払いは、法人税法で規定されている安全な節税対策です。ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。